研修・セミナー

障がい者歯科・臨床予防歯科・訪問歯科衛生士
令和2(2020)年度 大阪市市民活動推進助成事業

開業歯科医向け

障がい者歯科、臨床予防歯科の知識と技術を習得できます。
—講師: 大阪大学歯学部附属病院障害者歯科治療部の歯科医と関西ウェルビーイングの会員歯科医

歯科衛生士向け

訪問歯科衛生士に必要な予防歯科の技術的知識を習得できます。

障がい児が歯科診療に慣れるためには

この事業の運営法人である特定非営利活動法人(NPO法人)関西ウェルビーイングは、2015年から大阪大学歯学部附属病院障害者歯科治療部と交流をもち、「障がい者の予防歯科が普及していない」現状を知りました。一旦、障がい児がムシ歯に罹患すると、障がい児の歯科治療は非常に困難です。理由は、障がい児は治療に抵抗を示すからです。身体を抑制具で固定したり、全身麻酔下で歯科治療をしなければなりません。だから、障がい児、保護者にとっては、ムシ歯治療は心身ともに過大な負荷となります。

人・もの・環境

障がい児が抵抗を示す3要素

この事業が開業歯科医と歯科衛生士に貢献できること

障がい児のムシ歯を予防する

  • 障がいを持つ子供に対してどのように対応すればよいかわかります。

  • 臨床予防歯科のノウハウを理解できます。

  • 歯科衛生士は予防歯科という分野での役割を担い、やりがいが生まれます。

  • パートタイム勤務の歯科衛生士には、家事・育児に制限されずに勤務できます。

...
障がい児のための予防歯科事業 すまいる for Kids